ウイルス対策ソフトの比較

世の中に出回っているアンチウィルスソフトを様々な参考文献から客観的に良し悪しを判定します。

ウイルス対策ソフトの選びかた

 前回申し上げました通り、ウイルス対策ソフトは用途によって選ぶことが重要です。それではそれぞれの用途についてご紹介いたします。

 まず、今回比較するウイルス対策ソフトは

 です。

 次に選ぶ項目は

  • 何を重要視するか
  • 誰が使用するか
  • PCのスペック
  • 更新の手間
  • ネットバンキングをよく利用するか
  • サポートの手厚さ

 以上の点をおさえてお話をさせていただきます。

 

 PCのスペック、更新の手間はこち

 ネットバンキングをよく利用する、サポートの手厚さはこち

 

 

 この記事では何を重要視するか、誰が使用するかの点について書きます。

 

 まず、1つ目、何を重要視するか。

 

 そうですね、この項目はすべての項目に共通するものなのですが、例えばウイルス対策を重要視したい、だとか軽いものがいい、メールをよくする、子供が使うんだけど、ネットバンキングをよくするんだけどなど、それぞれ使用の用途があると思います。

 そのためこの項目を書かせていただきました。

 

 まず、誰が使用するかの点に置きまして、ご説明させていただきます。

  • 使用者がお子様
  • 使用者が初心者

 以上2点について詳しく書かせていただきます。 

 まず、使用者がお子様である際におすすめな商品をまずご紹介します。

 

  ノートンです。

 基本ESET、ウイルスバスターカスペルスキーマカフィーのペアレンタルコントロール(保護者による保護)は優秀なのですがこれらより群を抜いて優秀であるのがノートンでございます。

 ノートンは年齢ごとにブロックする内容を決めることができ、ほかにも細かく設定を行うことができます。

 たとえば有害サイト、アダルトサイトを例に挙げると、10件アクセスしようとしたところ10件すべてブロックしたという記録が残っています。ほか子供に有害なサイトをブロックする性能はずっと高い水準をキープしています。

 

 さらに、お子様がアクセスしたいサイトがブロックされた際、メールでブロック解除の依頼をすることができます。また、ノートンの利点として過去に閲覧したURLを詳細に確認することができます。

 また、スマートフォン版であれば視聴した動画や現在位置の監視ができる(有料)機能があります。

 

 まあここまで監視されていればお子さんも落ち着いてネットサーフィンやお出かけができないでしょうけど。

 機能だからと過度な監視は控えましょう。

 

 ほかにも、個人情報(住所,名前、電話番号等)の文字列の送信をブロックする機能もございます。(ほかの商品にも対外ついているのでここがいいよとは言えないのですが)

 というか、それなりの価格のソフトにはそれなりに優秀なペアレンタルコントロールがついているので、よほど不安であればノートンで、そこまででもない場合はウイルスバスターカスペルスキーマカフィーでも十分ではあります。

 

 次に利用者が初心者であること

 これは操作性にもつながってくると思いますが、断トツでウイルスバスタークラウドだと思います。

 

 

 

 

 なぜならユーザーが多いため操作方法を聞きやすいですし、ネットですぐに操作方法が出てくるためです。

 まぁ、ほかのソフトもGUIを工夫してわかりやすくなってきているために、そこまで気にする必要がないかもしれません。

 

PCのスペック、更新の手間はこち